八戸には充実した施設と格安のホテルがあります

青森県の八戸市は、県の東南部にある太平洋に面している市で、夏は涼しく、冬は青森でも降雪量は少ない地域です。
また、東北新幹線も乗り入れていてアクセスも便利な場所でもあります。

B級ご当地グルメのせんべい汁は有名ですが、現在各地で行われているB-1グランプリの発祥の地は実はこの地域なのです。
このせんべい汁を一度は食べてみたいと訪れる観光客も増えており、とてもリーズナブルで便利なホテルがあります。

駅からは少し離れて、バスで20分程移動した所にある八戸ワシントンホテルでは、早割で早期予約をすると3000円程で朝食付きという低価格で宿泊出来ます。
他にもお得な情報があるので、最新の情報をインターネットで確認してから予約すると良いでしょう。

そして、駅から直結しているホテルメッツ八戸には、コーヒーショップをはじめ書店や、カニ加工食品や魚介類などの海産物を取り扱っている店、観光プラザ、市の図書情報センターが併設されており、無料でDVDやビデオ、CDを聴いたり見たり出来たりと大変便利です。

食事処も、地元の新鮮な素材を使った回転寿司や郷土料理を楽しめるレストランがあるので、外へ出なくても宿泊施設内で充分楽しめます。
観光情報も詳しく教えてくれるので、旅行で訪れる方にはお勧めです。

朝食は、新幹線の始発に間に合うように用意をしてくれます。
このように、朝食付きで3000円程の料金設定を打ち出している八戸ワシントンホテルは、安くて魅力的ですし、ホテルメッツ八戸は書店や観光プラザといった様々な施設が充実しているので、青森を訪れた際は是非宿泊してみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ