駅に近いホテルに泊まるなら、東横IN富士山沼津駅北口1へ

沼津市は静岡県の東部、伊豆半島の付け根にあり東駿河湾地域の中心的存在で、古くから東海道の宿場町として栄え、物流、交流の拠点としての役割を担ってきました。
ここは、温暖な気候や箱根伊豆などの観光地にも近い事から、皇室や政財界の別荘も多く建てられてきました。

何と言っても主な産業は水産業で、鯵の開きやサバなどを加工した雑節の生産は国内でトップの座を占めています。
最近は新鮮な魚介類に人気が集まり、沼津港を訪れる観光客が増加傾向にあります。

更に、地元の寿司屋の協力を得て「カウンターで寿司食いねェ」と題したキャンペーンを展開しており、3150円のおまかせコースと値段が決まっているので、懐具合を心配しないで済みます。

また、港周辺には50軒以上の食堂があり旬の海の幸を味わえますし、市内には7ヶ所の海水浴場、釣りのメッカ大瀬崎、見事な松の御浜岬公園、素敵なネーミングの碧の丘、夕映えの丘など見所が豊富で、1日かけても遊び切れません。

この地域に1泊して、翌日は伊豆半島巡りや箱根、富士山近辺の旅に出掛けるにも好位置です。
そんな沼津には50軒以上のホテルや旅館、民宿があって、中でも全国にチェーン展開する東横INが北口に2ヶ所建っており、どちらも駅から2分の距離にあります。
北口1では部屋が綺麗になり、布団も取り替えリニューアルしました。

早起きすれば港でセリ見学が出来ますし、ホテルに戻れば温かい手作り朝食が用意されています。
更に観光客だけでなく、お得なビジネスパックを利用したビジネスマンにも喜ばれている東横INに宿泊してみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ