浅草発着の水上バスとスカイツリーが見えるホテル

東京浅草は下町の情緒を味わえる人気の観光スポットで、浅草寺や雷門、仲見世には多くの観光客が訪れます。
最近では、隅田川を水上バスに乗って遊覧するクルーズが人気になっています。
水上バス・TOKYO CRUISEは、東京都観光汽船株式会社によって運航されているクルーズで、現在5つの運航ラインがあります。

その内浅草からは浜離宮・日の出桟橋を結ぶ「隅田川ライン」と、お台場・豊洲を直通で結ぶ「浅草・お台場直通ライン」の2つが出航しています。
所要時間は40分から1時間ほどで、駒形橋、両国橋など10数箇所の個性的な橋をくぐりながら隅田川を下っていきます。

もちろん、見上げればスカイツリーが目の前に見え、築地が近くなると林立した高層ビル群が現れて、東京の発展を目の当たりにできます。
現在運航している船は11艇ほどですが、その中に宇宙船のような形をした流線型の「ヒミコ」と「ホタルナ」という名前の船があります。

どちらも銀河鉄道999で知られる松本零士さんのプロデュースで、「ヒミコ」は2004年、「ホタルナ」は2012年のデビューです。
「ホタルナ」という名前は、隅田川を舞うホタルと月の女神ルナからの造語で、神秘的なイメージが込められた名称となっています。

隅田川クルーズを楽しんだ後は、雷門近くにある「ホテル雷門」に泊まり、スカイツリーを近くに眺めながら、ゆったりと余韻に浸るのも旅の楽しみの1つです。

なお、水上バスの運航は天候の影響を受けるため、前もって運行状況を確認しておくと安心です。
運航についての最新情報は、ウェブサイト・TOKYO CRUISEでチェックができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ