福井観光には三国観光ホテルがお勧め

福井県は、日本海や若狭湾に面し、鍵のような形で南北に細長い地形をしており、東尋坊や越前海岸、永平寺などの著名な観光地があります。
また、打刃物、漆器、和紙などの工芸品や、手脚の長い越前蟹でも広く知られています。
県内には飛行場が無く、首都圏からは電車で約3時間半、高速道路を利用して約5時間半かかるので、北陸新幹線の全線開通を県民は期待しているところです。

さて、福井市内には、電車と徒歩か車でおよそ30分位の距離に、一乗谷朝倉氏遺跡があり、これは戦国時代に朝倉氏五代が支配した城下町の跡です。

見学して歴史を感じ、悠久の昔に思いを馳せるのも良いものでしょう。
そして、曹洞宗永平寺では予約が必要ですが、座禅や精進料理の昼食を体験出来ます。

その後、時間があれば、越前竹人形の里や日本最古の天守閣を持つ丸岡城などを巡り、三国温泉で1日の疲れを癒しましょう。
北陸有数の名湯で、湯は豊富に湧き出ています。

そして、三国観光ホテルは丘の上に建ち、部屋からは雄大な日本海を見渡せますし、タイミングが良ければ沈む夕陽に出会えます。
部屋は、和室と洋室のタイプから選択でき、ゆったり広々とした空間です。

更に、500円の料金を支払えば好みの浴衣を着ることができ、特に女性には嬉しい気遣いだと言えます。
浴場は、露天を含め4種類あるほか、露天風呂付きの部屋もあります。

そして何より、獲れたての新鮮な海の幸と山の幸をふんだんに使った会席料理が素晴らしいです。
料理の内容や部屋のタイプによって料金は設定されていますが、11800円からと手頃な価格帯です。

翌日は東尋坊や恐竜博物館へもアクセスが良く、福井の観光には最適なホテルと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ