広島の2つの世界遺産を巡る旅とホテル

広島の観光地と言えば、世界遺産となっている施設を回っておきたいところです。
平和をいつまでも願う象徴である原爆ドームは駅から20分程のところにあり、もともとは広島県産業推奨館という建物でした。
昭和20年8月6日の午前8時15分に、人類史上最初の原子爆弾が炸裂した事により大破、全焼しましたが、奇跡的に倒壊は免れて、現在のような姿となりました。

また、事前に予約が必要ですが、平和記念公園と宮島を結ぶ海のアクセス世界遺産航路と呼ばれる船で、宮島に向かう事もお薦めです。
平和公園から宮島までを、約45分で結んでくれます。

その宮島は、「神をいつきまつる島」から「厳島」と呼ばれ、古くから島全体が神として信仰されており、厳島神社を含む全島の14%が世界遺産に登録されていて日本三景にも数えられています。

その宮島の厳島神社に一番近い宿泊施設が、宮島グランドホテル有もとです。

地元の契約漁師が毎朝届ける旬の瀬戸内の幸を使った料理が味わえる他、露天風呂付の客室も充実しており、洋室から和室では数寄屋造りといったグレードの部屋までバリエーションが豊かです。

風呂は温泉「賓泉の湯」を堪能する事が出来、無料で朝6時30分から宮島のガイドのサービスも行われています。
料理と客室のグレードによって様々な宿泊プランがあり、厳島神社でのウェディングプランも用意されています。

宮島へのアクセスが良く、温泉も楽しめるこのホテルは、2つの世界遺産を回るのにお薦めのホテルです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ