新潟の観光の拠点としたいホテル

新潟の観光スポットでは、2013年7月にリニューアルオープンした水族館マリンピア日本海があります。
定番のイルカショーを観られる他に、絶滅危惧種であるフンボルトペンギンが展示されていて、ビーバーやカワウソ、ラッコ等の水辺の生き物も観る事が可能です。

そして、川端康成の小説「雪国」の舞台にもなった越後湯沢温泉は、首都圏からのアクセスが抜群であり、冬はもちろんスキーやスノーボード等のウインタースポーツが楽しめる上、その他の季節でもトレッキングや郷土料理、地酒などが味わえます。

そして、お土産として一推しなのが燕三条市の洋食器で、工房や工場の見学や、国産の洋食器を格安で手に入れられるアウトレットの店舗もあります。

食事では、B級グルメとして知られているたれカツ丼や、鳥の半身を丸々使ったカレー味でビールにぴったりの半身揚げ、三条市のカレーラーメン等で有名です。

そんな盛りだくさんな新潟を楽しむホテルとしては、ときの湯ドーミーイン新潟本館&ANNEXをお薦めします。

駅から約8分という好立地ながら、10階の大浴場からは日本海を一望出来る上に、朝食の和食で使われる米は新潟産コシヒカリというこだわりがあり、しかも食べ放題である他、ミニキッチン付きの客室も用意され、長期滞在にも嬉しいホテルとなっています。

マリンピア日本海からも近く、中心市街地に有るのでどこに行くにも非常に便利な拠点として、ビジネスマンからファミリーまで、幅広い層にとって活躍してくれることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ