金沢のホテルは細やかな工夫がされており、古都を堪能するのに最適な宿泊施設です

金沢といえば、訪ねておきたいのは兼六園ではないでしょうか。
兼六園は、17世紀中期に城の外郭に造営されたものです。
大きな池を中央に配して、その周囲に園路を巡らせ、池に橋や小島等を設けて各地の景勝を再現した池泉回遊式庭園で、日本三名園のひとつとなっています。

市の中心に位置しており、石川門からは金沢城公園へと続いています。
加賀藩前田氏の居城も十分に満喫した後は、加賀藩前田家を代表する建造物である成巽閣へと向かうと良いでしょう。

格式のある大名の書院建築を存分に楽しめます。
また、加賀友禅といった伝統技術もあり、その一端を友禅アート染華という工房で体験する事が出来ます。

一番手軽に出来るガラス皿に友禅染を施すコースでは、延べ8時間の作業を1泊2日で行い、材料費、工房使用料、指導料で18,000円となっています。

他にも、着用体験等を行っている施設もあります。
そんな古都を楽しむホテルでは、この地域を一望出来る地上30階建て、全室17階以上に客室が設けられた、ホテル日航金沢がお薦めです。

ある口コミサイトでは1位を獲得しており、アクセスも駅から徒歩で約3分という便利さが魅力です。
宿泊プランには、兼六園を楽しむプランや工芸体験プラン、京風懐石を楽しめるプラン等があります。

客室もこだわりのシモンズ製のベッドをほとんどの部屋で採用しており、その他の部屋でも羽毛布団で快適な眠りへと誘ってくれます。
このような細やかな工夫がされたホテル日航金沢は、古都を堪能するのに最適なホテルだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ