岡山県の城を巡る旅と、最上階に庭園浴場のある癒しのホテル

岡山県には、日本三名園のひとつで国の特別名勝に指定されている後楽園や日本初の西洋近代美術館である大原美術館といった人気の観光地が数多くあり、年間2,000万人以上の観光客が訪れています。
県内には趣の違う名の知れた城が岡山城、津山城、備中松山城と3つあり、それらの城を巡る旅もお勧めです。

特に、天守閣が黒漆の壁でできているため、その黒い外観から烏城とも呼ばれる岡山城は、宇喜多秀家が築城し、三重六階の天守閣と不等辺五角形の天守閣は安土城を模したとも言われており一見の価値があります。

また、備中松山城は西日本最大の桜の名所として知られ、約千本の桜が咲き誇る様は壮観です。
現存する天守閣を持つ山城の中で最も高所にあり、雲海に浮かぶ様子は天空の山城をイメージさせます。

こうした城巡りなどの拠点として、JR岡山駅東口から徒歩2分の所にある「三井ガーデンホテル岡山」が便利です。
ホテルの最上階には、古代櫓を使った庭園浴場が造られていて、その風呂に浸かりながら日本情緒を味わい、ゆったりと旅の疲れを癒せます。

宿泊プランの中には、「早期予約でお得にステイ」と銘打った特別料金が設定されており、利用の14日前までに予約をした場合に限り、料金が1室2名の利用で1名3,850円と大変お得です。

他にも様々な割引プランがありますが、上手く自分に合ったものを見つけると、浮いた分でちょっと贅沢な旅が出来るでしょう。
城巡りの旅でいにしえの日本文化に浸り、庭園浴場でのんびりして心身ともにリラックスしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ