千葉県・南房総鴨川の観光スポットと、海の幸が存分に味わえるホテル

千葉県は良く知られた観光地として、自然が美しい南房総の勝浦・鴨川や、リゾート地白子・九十九里といった所が有名です。
その中の鴨川には海水浴場が数多く存在し、例えば太海海水浴場は、遠浅の海辺が350mと長い為、小さい子供連れの家族が水遊びに興じています。

更に、鴨川ではスキューバダイビングも可能となっており、鴨川漁港沖の海底はダイビングスポットとして最適で、特に寒くなる秋冬は透明度が増し、イシダイやニザダイの回遊などを間近に観察出来ます。

一方、少し海とは趣が違いますが、鴨川市街から北上した山間に「日本の棚田百選」に選ばれた大山千枚田があります。
375枚を超える階段状の棚田が美しい曲線美を描き、昔懐かしい情景を見られると共に、農業体験が行える施設もあって楽しく遊べます。

海と棚田で遊んだ後の宿泊は、「鴨川グランドホテル」がお勧めです。
海の幸をふんだんに味わえるホテルとして評判で、夕食メニューのひとつにアワビの踊り焼きコースがあり、1人1個のアワビが食べられます。

温泉露天風呂・展開の湯では、朝夕の美しい太平洋を眺めながらゆっくりと温泉に浸れます。
また、和室でくつろぎたいという人には、「鴨川温泉 ホテル中村」もお勧めです。

洋室もありますが、6・8・10畳の3種類の畳部屋が用意されていて、和室派にはピッタリです。
宿泊基本コースの料理が伊勢エビの刺身や舟盛と豪華なメニューで、30分温泉貸切というサービスも付いています。

旬の魚や地元の食材を味わい、温泉に浸かってのんびり過ごせば、日頃の疲れも癒せることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ