朝食に無料で本場の讃岐うどんが食べられる高松市のホテル

香川県は四国の瀬戸内海側に位置しており、日本で最も面積が小さい県です。
こんぴらさんで知られる金刀比羅宮や瀬戸内海に浮かぶオリーブ栽培で有名な小豆島、源平合戦の古戦場である屋島などの観光スポットがあります。
一方、特産品にはうどんやうちわといったものがあり、どちらも生産量は日本一です。

中でもうどんは、讃岐うどんとして全国的にも名を馳せており、2011年には「うどん県」を自称して積極的にキャンペーンを行っています。
讃岐うどんの味は、うどん専用の小麦といりこだしの微妙な組み合わせから生まれます。

そして、温暖で少雨な香川の気候が小麦の栽培に最適で、讃岐うどん専用に開発された品種「讃岐の夢」がうどんのコシの決め手となっています。
また、沖合の伊吹島で獲れるいりこが絶品とされ、水揚げから茹で上げまでを一貫して行う製法により、いりこ本来のうま味を引き出しています。

香川の観光やグルメ旅には高松市を拠点にすると便利で、高松市は香川県の県庁所在地として、旅館やホテルなどの宿泊施設も充実しており、ビジネスにも観光にも適したロケーションです。

市内には数多くの讃岐うどん店が店を構えていて、その形態も一般店タイプ、セルフタイプ、製麺所タイプがあり、独特の雰囲気や味を楽しめると共に、店によって味も違う為、讃岐うどんの食べ歩きも旅の楽しみ方のひとつとなるでしょう。

こうした高松での宿泊先は、老舗から格安まで種々ある宿の中でも、リーズナブルな宿泊料金で泊まれるホテル高松ヒルズがお勧めです。
シングル料金が4,700円からとお得な上、朝食は無料の本場讃岐うどんとあって、ビジネスや観光に関わらず推奨できる宿泊施設と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ