恵比寿ガーデンプレイスで楽しんだ後はウエスティンホテル東京でエネルギー補給

JR山手線、地下鉄日比谷線の恵比寿駅は、ヱビスビールを製造していたビール工場と隣接しており、ビール出荷専用の貨物駅として開設され、駅名もそのビールの名称にちなんで付けられました。
ビール工場が移転後、跡地の再開発により平成6年に恵比寿ガーデンプレイスが建設されました。

ここは地上40階、地下5階にオフィスビル、デパート、レストラン、美術館、映画館が入った複合施設となっていて、高級分譲マンションや賃貸のマンション等の住空間もある人気のスポットです。

その一角に建つウエスティンホテル東京は、世界的に有名な大型チェーンホテルのひとつで、夜、景色の中に浮かび上がるその姿を見ると、外国にいるような錯覚を覚えます。

1階のエントランスとロビーは広々とした空間で、癒しを与える緑の庭が見渡せます。
そのロビーの中心にはピアノが置かれ、調度品は欧風調で優雅な雰囲気を醸し出しています。

5階から21階が客室になり、16階からはエグゼクティブやスイートルームで、17階のラウンジでチェックイン、チェックアウトをします。
このホテルの中で最も安いデラックスルームでも、ヨーロピアンスタイルのインテリアを施しており、十分高級感を味わえます。

クラシックで落ち着きのあるインテリアとゆとりある天井の高さと開放的な窓、高層ビル群の夜景を見渡しながら、オリジナルで開発したウエスティン・ヘブンリーベッドに横たわれば、至福の時を過ごせます。

駅からは動く歩道と呼ばれるスカイウォークで7分の距離にあり、雨の日でも濡れずに移動出来ます。
恵比寿ガーデンプレイス内で楽しんだ後は、このホテルでゆったりと疲れを癒しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ