ビジネスから観光客まで納得の下関のホテル

下関は、山口県の関門海峡の北岸に面しています。
平成17年に他の4つの町と合併し、法定人口が30万人を超えた為、中核市の指定を受けました。
その後、平成22年には約28万人と減少して、中核市としては最も人口の少ない都市となっています。

地理的には、山陽道と山陰道の結び目に当たり、交通の要衝の地として役目を果たし、戦前は中国や朝鮮半島への玄関口としても栄えました。
現在も関釜フェリーの他に、中国への航路も定期的に就航されています。

一方、源平合戦や巌流島の決闘、幕末維新などの歴史の舞台としても有名で、関門海峡や山陰の海岸線などの美しい景観を活かし、観光にも力を入れています。

観光スポットとしては、海峡ゆめタワー、しものせき水族館海響館、一の俣温泉など、子どもから大人まで楽しめる施設があり、年間約600万人の観光客が訪れています。

そして、食事はフグやアンコウ、うに、クジラ料理から韓国料理、瓦そば等のご当地グルメが味わえます。
平成25年現在、市内には25軒のホテルがありますが、こちらでお薦めなのがドーミーインPREMIUM下関です。

最上階の天然温泉を利用した大浴場からは、市街地や巌流島まで見渡せます。
朝食はバイキング形式ですが、名物フグのから揚げやフグ飯など、海の幸を使った季節の料理で宿泊客に喜ばれています。

平成25年10月時点では、手軽な値段で、朝食付きのプランでも一室5,500円から利用出来ます。
駅より徒歩約7分と近距離ですが、無料のシャトルバスも運行しており、ビジネス客だけでなく観光客にも納得のホテルです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ