掛川駅前には利便性が良く美味しい朝食が食べられるホテルがあります

静岡県の掛川市は全国有数の茶の産地で、茶畑が広がる独特の景観を臨めます。
深い味わいの緑茶を堪能でき、フルーツの生産も盛んなので、メロンやイチゴ、キウイフルーツなどの体験学習農園もあります。
この地域は東京と大阪の中間に位置しており、更に静岡市と浜松市の中間で、日本のほぼ中央にあたる真ん中都市と言われています。

新幹線、空港、国道、高速道路へのアクセスも容易にできるので大変便利です。
掛川駅前には、観光の拠点に適している、ビジネスにも利便性の高いホテルがあります。

駅から徒歩3分、掛川インターチェンジからは車で5分の所に位置するホテル玄掛川は、旅行はもちろんですがビジネスマンに大変人気です。

特に朝食に定評があって、ビュッフェ形式の朝ご飯は無料で利用でき、スイス仕立ての焼き立てのパンや、地元の契約農家から届く野菜や静岡米、十穀米を使った和定食を、自分の好みで選んで好きなだけ食べられます。

更に併設されているビアレストランでは世界各国のビールを味わえ、宿泊しているビジネスマンが仕事の後の1杯を楽しんでいます。
サッカーなどのイベントが開催される時は、スポーツバーとして地元のサポーターが集まり賑わいます。

肝心の宿泊料金は、内容にもよりますが最低料金は4,000円からで、早期予約の割引やクオカードかキャッシュバックを選べるプラン、インターネット限定の料金もあります。

この様な健康志向の朝食を食べられるホテルで、元気な朝を迎えてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ