東京の大動脈にある鶯谷には様々な趣向のホテルがあります

山手線は東京の中心を走る環状線で、大動脈とも言える路線です。
その山手線29駅のひとつである鶯谷は、都会には珍しく、巨大なロータリーや高層マンション、高層ビル群などがなく下町の素朴でのんびりとした街並みが特徴です。
駅南口を数分行けば桜の名所の上野公園があり、東口の奥には正岡子規の旧宅である子規庵や、落語の巨匠林家三平の自宅を改装した資料館が建っています。

下町の夏の風物詩として知られる朝顔市が行われる鬼子母神はこの近くで、昭和の雰囲気が漂う商店街を闊歩すれば、ノスタルジックな気分に浸れます。

また、上野や浅草へも徒歩で行ける距離に位置しているので、鶯谷周辺には宿泊施設が多数あります。

ビジネスホテルは、旅行客にも快適に泊まれるよう工夫がされ、広々とした間取りの所や森をイメージした清潔感ある施設、高級寝具を全室に使用している施設など、シティホテルに近いスタイルを取る所が多いです。

また、ビジネスホテルよりワンランク上のスタイリッシュなホテルや、落ち着いた和の雰囲気と貸し切り風呂が楽しめる旅館、古民家を改装したゲストハウスと言った趣向を凝らした宿があります。

素泊まりだと3千円台で泊まれる所もあるので、予算に合わせて宿泊先を選べます。

鶯谷は上野と日暮里の間にある駅なので、都内のどこへ行くにも非常に利便性が良く、周辺地区の散策はもちろんの事、都内での活動拠点にも最適な場所なので、ビジネスにも観光にも使い勝手が良く宿泊するのにお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ