鶴岡で街並みとホテルに癒される

山形県の西部に位置する鶴岡市には、山岳、平野、海岸があり、様々な表情を見せる自然環境と豊富な地域資源が魅力の土地です。
市街地には城下町の風情があり、庄内藩校の致道館も残る一方、世界最大規模のメタボロームファクトリーが構築され、世界から注目を浴びている慶應義塾大学先端生命科学研究所が所在するなど、新旧の文化が融合しています。

また、小説家の藤沢周平の故郷で、小説にも様々な形でこの地の風景が登場し、映画のロケ地としても利用されています。
鶴岡の開湯千年以上を誇る温泉地には、それぞれ特色あるホテルが並びます。

例えば、湯野浜温泉は海沿いに大きな観光ホテルや旅館が建ち並び、絶景のオーシャンビューが自慢の、リゾート色の強い宿泊施設が多いのが特徴です。

具体的には、窓に向かって大きめのソファーが備え付けてあり、ゆっくりと移ろいゆく海を眺める過ごし方を提案する宿や、海沿いに建つ、捕れたての魚介類をふんだんに使った料理が好評の施設があります。

他にも、国民保養温泉地に指定されている湯田川温泉は、古くから鶴岡の奥座敷と呼ばれ、山あいにひっそりと佇む、安らぎのある閑静な温泉郷です。

ある切り絵作家の作品が展示してある、まるでこぢんまりとした美術館のような旅館や、「ただのんびりする休日」をコンセプトにした、寛ぎを追求した館内がお洒落なホテルなどが点在しています。

静かな城下町の散策とそれぞれの個性がある歴史ある温泉街でゆっくりと過ごす旅行は、日常の疲れを癒してくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ