都心にある飯田橋のホテルはビジネスにも観光にも便利です

飯田橋の名前の由来は、1590年、開府前の江戸でこの地を案内した飯田喜兵衛と言う土地の長老の功を称え、一帯を飯田町と名付けたのが始まりです。
後に交通の便の為、外濠に掛けた橋が飯田橋と命名され、こちらの方が広く浸透してしまい、正式名称となって現在に至ります。

JR中央線、総武線や東京メトロ東西線、有楽町線、南北線、都営地下鉄大江戸線が通るこの辺りは、オフィスビルやイギリス大使館、庁舎と言った公共機関が並ぶビジネスの街です。

そして一方、大正時代には花街として賑いを見せた神楽坂は洗練された雰囲気が漂い、裏路地を歩けば老舗の料亭やフランス人が経営するビストロ、隠れ家的なカフェが並び、日本情緒とフランスのムードが漂うお洒落な街並が共存するエリアとなっています。

この周辺の宿泊施設も独創的な所が多く、一例を挙げると、本格的なフレンチや完全個室のダイニング、ジャズの生演奏が流れるバーが置かれた閑静な佇まいの隠れ家的なプチホテルや、世界規模のチェーン展開をする、1人での利用から修学旅行のような団体に至るまで幅広い顧客に対応するビジネスホテル、シングルルームでもダブルベッドを設置し、調理器具や食器も備えてある長期滞在でも自宅のように過ごせる施設などがあります。

他にも、料理に定評があり、陶、石、木などの自然素材を組み合わせた建物に水と緑を配した内装で穏やかな安らぎを演出するシティホテルなどもあり、立地も都心にあるので、ここを拠点にしてビジネスや観光に利用しても大変便利です。

個性豊かなホテルが集まる飯田橋での宿泊は、多くの人にお勧め出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ