魅力的な瀬戸内の旅を小豆島国際ホテルがお手伝い

小豆島の弁天島から連なる4つの島を、「余島」と呼びます。
瀬戸内海に浮かぶこの余島の一番端の大余島までは、1日2回の引き潮の時だけ砂浜が現れて、歩いて渡ることができます。
姿を現しては消えるその幻想的な道にはエンジェルロードと名前が付けられ、ここで手を繋いだカップルは幸せになれるという噂が広がり、毎年多くの人が訪れています。

その向かい側に位置する小豆島国際ホテルの部屋の窓からは、エンジェルロードが眺められます。

ホテルの売店で販売されている絵馬には、恋愛成就だけではなく家内安全など、家族旅行でも使える種類もあり、願いを記してから奉納場所に吊るして家路に就くケースも少なくありません。

ロマンチックなロケーションに位置するホテルですが、家族旅行や友人との旅行で訪れる人も多いのは、窓から見えるロケーションの美しさと、充実した施設にその理由があります。

瀬戸内海を望む壮大な景色に心洗われるのはもちろん、子供も楽しめるプールがあり、メインの他に幼児用、そして深さ3mの飛び込み用プールなど、他のホテルとは違って面白さを持っています。

そして、贅沢な時間を過ごせる波打ち際の露天風呂は格別で、昼は目の前に海が広がり、夜は満点の星空に穏やかな瀬戸内の波の音を聞き、波しぶきを浴びながらの入浴は、この立地だからこそ経験できるものです。

月明かりに照らされてのプールサイドの時間も記憶に残ることでしょう。
小豆島国際ホテルなら、素朴で魅力的な瀬戸内の旅を、更に思い出深いものにしてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ