舞鶴へ観光に訪れたら海の見えるホテルへ宿泊を

赤レンガで有名な舞鶴には、毎年多くの観光客や写真家が訪れます。
レンガで作られているのは建物だけでなく、当時の日本が近代的な発展を遂げる為の生活基盤となるトンネルや橋にも及び、その数は120件以上と言われています。
市内の至る所でレンガを目にする事が出来、明治から大正までの歴史を肌で感じられる貴重な建造物です。

ここには海鮮市場を持つ道の駅があり、魚介類を目の前で海鮮焼きにして提供してくれる人気スポットになっています。

もちろん海の幸も豊富で、刺身も食べられます。
そして、肉じゃがと海軍カレーが、舞鶴のご当地グルメである事を知っていますか?

海軍初代司令長官の東郷平八郎がビーフシチューを再現する過程で出来上がった物と言われていて、「海軍割烹術参考書」の資料も残されています。
そして、穏やかなリアス式海岸も、魅力のひとつと言えるでしょう。

ここに観光に訪れたら、昼はもちろん夜も幻想的な姿を見せる、海が見えるホテルへの宿泊をお勧めします。
海沿いには数軒のホテルが建ち並び、中にはジェットバスに入りながら海を眺められる宿泊施設もあります。

また、窓から海が眺められなくても、外に出れば自衛隊桟橋や引揚桟橋、五老スカイタワーやクレインブリッジなど、ここでしか見られない景色を一望出来ます。

インターネットを利用すれば、各旅行会社を始め、旅情報誌のホームページから予約が可能です。
楽天やグーグルではレビューや口コミを見られるので、参考にすると良い情報が得られるでしょう。

このように、海沿いのホテルで歴史と風情溢れる舞鶴を感じてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ