長崎を丸ごと満喫するなら異国が感じられるホテルへ

長崎は、食べ物ならちゃんぽんに皿うどん、カステラなど美味しい名物料理が多彩にあり、海に隣接しているので自然を肌で感じることも出来ます。
中核市である長崎市は、古くから外国との貿易の玄関口となっていた為、海外の文化や異国情緒溢れる観光名所が多く見られます。
市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築して復元させたグラバー園では、居留地時代、この市に住んでいた外国人らの暮らしぶりを体感出来る場所です。

また、17世紀のオランダの街並みを忠実に再現したハウステンボスは佐世保市に位置していて、大きさは東京ドーム33個分と、非常に広大な敷地面積を誇っています。

四季折々の花々に加え、街には全長6kmにも及ぶ運河が走り、ショッピングやレストラン、銀行といった1つの街としての機能も備えられています。
このような見所の多い長崎県を回るなら、宿泊施設を利用してたっぷりと満喫することをお勧めします。

長崎駅から車で約5分の距離にある「ホテルモントレ長崎」は、一歩足を踏み入れるとまるで外国に来たかのような錯覚に陥りそうになる位、異国情緒を味わえるホテルです。

ナチュラルで落ち着いた雰囲気の客室で、インテリアもシックにまとめられており、赤ちゃん連れのお母さんにも嬉しいベビーベッドの無料貸し出しも行っています。

一方、地中海をイメージした「西海橋コラソンホテル」には、屋外にテニスコートやプールが設けられ、女性限定の大理石風呂などもあります。

また、ハウステンボス間との無料送迎バスも運行されているので、観光後にホテルへ直行することも可能です。
宿泊施設も異国を感じられるホテルに泊まって、長崎県の雰囲気を丸ごと満喫しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ