様々なスタイルのホテルがある高岡は大人が楽しめる街

富山県高岡市は、奈良時代に国府が置かれ、日本最古の歌集である万葉集で代表的な歌人大伴家持が国守として赴任し、5年間の在任中に数多くの秀歌を残した場所です。
その為、万葉の里とも呼ばれ、毎年秋には古城公園の堀に設けられた特設水上舞台で、万葉集全20巻4,516首を2,000人以上がリレー方式で歌い継ぐ3昼夜に渡る大規模なイベントが開催されます。

場内にランタンが灯る、幻想的で幽玄な雰囲気の漂う万葉の歴史を受け継いだお祭です。

市のシンボルである日本三大大仏の高岡大仏も、2013年に建立80年を迎え、毎年の祭りの他に、2013年にはライトアップもされ、いつもとは違った雰囲気の大仏が見られます。

更に、銅器や漆器などの伝統工芸やアルミ産業が盛んで、多くの作家を輩出しており、現在は新しい産業工芸を発信する為、全国から作品を集めて競技会を精力的に行っており、歴史と工芸が活発な高岡市は知的好奇心をくすぐる大人の旅行にぴったりです。

市内には、本格的なハイクラスのシティホテルや、この地に縁のある作家が制作したガラス製品や金属工芸品が館内を彩る都市型のホテルを始め、木造建築の昔ながらの旅館や富山湾を一望出来る温泉宿、駅のすぐ側で移動に便利なビジネスホテル等、様々な形態の宿泊施設が点在しているので、用途と好みに合った宿泊施設が選べます。

国宝の瑞龍寺や重要伝統的建築物群保存地区の山町筋の街並など、歴史的な見どころが沢山あり、時代を超えて受け継がれる文化と伝統に触れる旅は、大人の好奇心を満たしてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ