大分駅周辺のホテルについて

大分県は九州地方の東側に位置し、県庁所在地の大分市のほかに、温泉で有名な別府市、由布市など、13の市と4つの町村で構成されています。
県内の温泉の源泉数は4,500以上で、湧出量は毎分約29万リットルと日本一を誇り、この豊かな温泉は地熱発電や栽培、養殖などの産業や食文化、美容や医療の分野に至るまで利用されています。
空の玄関口である大分空港は、北東部の国東半島の沿岸海域を埋め立てて造成した空港で、国内線4路線、国際線ソウル線の旅客機が1日に約50便発着し、年間の利用者数は160万人にのぼります。

温泉のある別府までは車で40分ほどで、大分市内までは空港特急バスで約1時間です。
各地から県内の観光に訪れる人が、まず1日目の宿をとるのに便利な施設が市内には約50軒あります。

出張などで訪れる人に向いている駅前周辺のビジネスホテルも数多くある中で、繁華街に近い距離で空港バスの発着場から徒歩1分の位置にあるのがプラザホテルプラスワンです。

勿論全室インターネット完備で、利用料も無料となっています。

また、コモドホテルは全館Wi-Fi対応で、疲れた体にやさしい天然温泉の露天風呂も付いています。

一方、市のランドマークタワー的存在として最新設備を備えるのがオアシスタワーホテルで、観光の拠点として、また、ビジネスの利用にも最適です。
ウエディングも人気があり、チャペル式、日本的な神前式、ロビー式や人前式、ガーデンなど幅広く対応しています。

挙式後の明るく解放的なガーデンでのセレモニーは、新郎新婦はもちろん、ゲストも一緒に楽しめます。

県内観光とビジネスの拠点として、また、ウエディングや宴会にもぴったりな宿が駅周辺には多数集まっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ