旭川市を訪れるならホテルを利用しゆっくりと巡ろう

北海道内にある旭川市は、北日本で3番目に市の人口が多い中核市です。
観光名所は、1,300店もの飲食店が集う大歓楽街の3・6街と、動物の行動展示で有名になった旭山動物園、そして、日本最大級のカタクリ群生地である突哨山など、楽しめる場所は沢山あります。
そんな見所満載のこの市を訪れるなら、泊まり掛けで巡ることをお勧めします。

宿泊を伴った場合なら滞在時間も長くなりますから、その分ゆっくり出来ますし、色々なスポットを回れます。
市内に存在しているホテルは約25ヶ所で、その中の2ヶ所を紹介します。

「天然温泉 ホテルパコ旭川」は、JRの駅より徒歩3分というアクセス環境に恵まれた場所に立っている宿泊施設です。
地下1階には天然温泉大浴場を完備し、垢すり・マッサージなども受け付けていて疲れを癒やしてくれます。

周辺では納涼花火大会が夏の時期に楽しめ、また、冬になると旭川冬まつりにて大きな雪像を見ることもできます。

また、「藤田観光ワシントンホテル旭川」は街の中心地に位置し、空港からは車で30分程の場所にあります。

動物園の入園券や道産牛リブステーキが付いた北海道ならではのプランが用意されていて、この建物の周りには、買い物に便利な平和通買物公園、中世ヨーロッパの城のような外観の雪の美術館、木で出来た様々製品が見られるクラフト館などがあります。

旭川市を訪れるなら、是非このような魅力あるホテル施設を利用してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ