ホテルに泊まって朝一で築地市場へ直行

東京の台所である築地市場は、水産物の扱いとしては世界最大級の規模を持っています。
威勢の良い競りの掛け声にズラリと並ぶ水揚げされたばかりの新鮮な魚介類、この活気に満ちた場所に訪れてみたいという人は増加していて、国内に留まらず、海外からの観光客も多く訪れています。
魚市場なので朝は早いというのは想像が付きますが、5時や6時位から始まるのかと思っていませんか。

実は、朝の3時から競りは始まっていますので、始発の電車に乗って来るのではもう間に合いません。
本物の競りを実際に見てみたいと思ったら、近くにある宿をとりましょう。

歩いて出向く事ができれば、簡単に好きな時間に市場に行けます。
築地ビジネスホテルバンなら、場外市場まで道路を挟んで目の前というアクセス度最高の条件で宿泊可能です。

朝食付きと無しが選べ、付ける場合は館内での軽食か、市場内にある徒歩2分の「かんの」にてマグロ丼かマグロサーモン丼を頂く事ができますし、朝食無しプランでも540円で同じ朝食券を購入可能で、朝4時半から利用できます。

また、東急ステイ東銀座はチェックアウトが11時と遅めの設定となっており、朝早くから午前中にかけて市場で過ごす目的の観光者にとっては嬉しいサービスでしょう。

外の暗いうちから人の出入りが想定される事情からセキュリティが気になる所ですが、エントランスもカードキーが使用されており、宿泊客以外は館内には入れませんので安心です。

他にも、ヴィアイン東銀座、銀座クレストン、京王プレッソイン東銀座など色々なホテルがありますので、是非これらを利用して築地市場の熱気を肌で感じてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ