鹿児島旅行の宿泊は温泉付きホテルで

鹿児島県は九州南部に位置し、中央部には桜島があり、江戸時代には薩摩藩として繁栄した地として有名です。
海に面しているだけでなく山もあり、さらには温泉地や歴史的名所も多く、グルメでは黒豚を使った料理や鰻、カツオなどが楽しめるので旅行には最適でしょう。
九州新幹線が開通したので博多駅からは1時間20分程、新大阪からは3時間50分程とアクセスも便利になり、より多くの人が足を運びやすくなっています。

鹿児島旅行をするなら、人気の観光スポットを回る楽しみも当然ながらありますが、旅の疲れを癒せる温泉付きのホテルを選んで宿泊するのもお勧めです。

例えば、インターネットの口コミで評価が高い「城山観光ホテル」は老舗としても知名度が高く、自然豊かな高台にあるため、展望露天温泉の真正面から眺望できる桜島は絶景です。

また、朝食では拘りの食材を用いた80種類もの和・洋バイキングが堪能でき、料金も5,940円からと嬉しい設定になっています。
続いて「指宿白水館」は、松の庭園のある落ち着いた風情で、元禄風呂と砂蒸し温泉が名物となっており、家族で宿泊するにもお勧めです。

そして、鹿児島空港から約30分の「霧島観光ホテル」には源泉かけ流し露天風呂付きの客室もあり、そこでは畳風呂や室内洗い場が併設されているため、好きなときにいつでも温泉に入ってゆったりできます。

館内にはテーブル付足湯や貸切露天風呂もあり、温泉ならではの卓球も楽しめるようになっています。

このように、鹿児島には温泉を満喫できる宿が多数ありますので、是非利用してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ