秋田旅行で人気のホテルや旅館

秋田県は東北地方の日本海側に位置し、夏季は高温多湿で冬季は県全域の約9割が特別豪雪地帯に指定されるほど降雪量が多く、四季がはっきりしているのが特徴です。
景勝地には東北の耶馬渓と称される抱返り渓谷や円形のカルデラ湖になっている田沢湖、塩瀬崎のゴジラ岩などがあり、角館の武家屋敷通りや勢至公園、きみまち坂公園など多数の桜の名所や、仙秋サンラインや乳頭温泉郷、仙秋公園といった紅葉の名所にも恵まれています。

また、海水浴場や釣りスポット、ゴルフ場、スキー場のほか、観光果樹園や観光農園などで試食や現地即売が楽しめるなど様々なレジャーをするにもお勧めです。

このように多角的に観光を満喫できる秋田県ですが、人気のホテルや旅館にはどのようなところがあるでしょうか。

インターネットのランキングサイトを見てみると、上位に名前が挙がっているものとしては、まず落ち着いた空間で寛げる水沢温泉郷の隠れ宿「駒ヶ岳温泉」があります。

この宿は渓流沿いの露天風呂が名物で、糖尿病や高血圧症に効果があると言われており、美肌効果も期待できます。

続いて「小町のかくれ里 横堀温泉紫雲閣」は、夕食に「羽後和牛チョイスプラン」や「もち豚しゃぶしゃぶ付きプラン」、「賑わいプラン」をはじめ多数の単品料理が用意されており、お風呂は男女の浴場以外にも県内初の岩盤浴室もあります。

天日干しのササニシキが食べられる「ホテルなにわ」は夫婦で経営している小さな宿で、女将さん手作りのおまかせ夕食や利き酒セットが好評です。

このように秋田で人気の宿のタイプも多様で、それぞれのニーズによって好みの宿泊施設を選び、旅を大いに堪能してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ