魅力ある松本のホテルについて

長野県中央部に位置する松本市は、日本を代表する景勝地である上高地や、少し前にNHKの朝ドラの舞台となった安曇野に程近く、美しい自然に触れながらゆっくり時間を過ごせる場所です。
松本市内には快適な時間を過ごせる宿が多くあり、ホテルブエナビスタはJR松本駅から徒歩7分で、駅から女性ドライバーによる無料シャトルバスが運行されています。

客室は全部で200室あり、スタンダードから2012年にリニューアルされたばかりのエグゼクティブルーム、更には市内では唯一のスイートルームが3タイプ用意されています。

どれもシックな色調に統一されたこだわりのインテリアなので、落ち着いた空間の中で時間を過ごせます。

松本ホテル花月は明治29年創業の歴史の古い老舗の宿で、館内は全館に民芸家具が設置されており、創業当時にはまだ珍しかった洋館のハイカラな雰囲気をそのまま受け継ぎ、心地良いレトロなムードを作り上げています。

洋室は勿論ファミリーに嬉しい和室も選べ、食と湯にこだわったおもてなしが訪れた人を癒してくれます。

ホテル白樺荘は窓の向こうに穂高連峰を望む自然に囲まれた野趣溢れる宿で、2014年に和室の一部をリニューアルし、畳の上にベッドを設置してお洒落な洋室が誕生しました。

他の和室も開放感があり、ゆったりとくつろげます。
メインダイニング梓は広々としたホールとなっており、朝夕とも山の自然の景色を眺めながら食事を堪能できます。

こうした素敵な宿に泊まり、松本の観光を満喫して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ