癒しが得られる松江のホテルについて

島根県の県庁所在地である松江市は何と言っても宍道湖で有名で、ここで見られる夕日は日本夕日100選にも選ばれる程に見事なものです。
宿を取って、是非ゆったりした時間を過ごしてみては如何でしょうか。
ホテル玉泉は西日本最大級の広さを持つ大浴場を持っており、一度に200人が同時に入浴できる程の広々とした空間です。

「巌」と「檜」のそれぞれに趣のある浴場は朝と夕に男女入れ替えがあるので、宿泊中に両方を楽しむ事ができます。
どちらにも露天風呂がありますので、自然に触れながらの爽快感に浸れるでしょう。

また、毎晩上演される山陰の郷土芸能安来節は特によく知られているどじょう掬いが人気で、これを目当てに来る利用者もいる程です。

ホテル一畑は湖畔にそびえるリゾートホテルで、最上階にある温泉大浴場では地上25mからの美しいレイクビューを望みながら天然温泉に浸かれるので、日頃の疲れも一遍に吹き飛んでしまう事でしょう。

モダンな雰囲気の客室からは朝のシジミ漁や日本有数の夕日の美しさを眺められ、優雅に時間の流れを楽しめます。

純和風旅館の湯元玉井館は木造3階建てのレトロな宿で、地下31mから自家源泉を持っており、特に源泉かけ流しの庭園露天風呂付客室は大変人気で、広さも共同浴場にある露天風呂よりも広いのでファミリーで入浴というのも十分可能です。

温泉、食事、そして景色も一度に楽しめる宿が松江には数多くありますので、宿泊先での時間も十二分に満喫しながら松江の観光を楽しんで下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ