江戸情緒あふれる名所を楽しむ川越市の旅館やホテル

川越市は東京近郊の地域として交通の便がよく、年間620万人もの観光客が訪れており、江戸情緒あふれる名所も多いため多くの外国人観光客が足を運ぶエリアです。
ランドマーク的存在で市の中心部に位置する時計台「時の鐘」は市指定文化財になっていて、蔵造りの町並みに溶け込むように建っています。

高さ16メートルの3層構造になっているこの塔は現在でも1日4回時刻を知らせており、日本の音風景100選に選ばれています。

その他にも、川越一番街や大正浪漫夢通り、菓子屋横丁、喜多院、中院、仙波東照宮など多くの名所があり、首都圏の小旅行としても最適です。

市内には旅館やホテルもあり、まず佐久間旅館は、明治27年創業と暖簾も古く、国の登録文化財である蔵座敷「奥の間」で中庭を眺めつつ割烹料理が堪能できます。

純日本風の室内の天井には古めかしいシャンデリアが下がっていて、そのアンバランス具合も魅力です。
また、若竹旅館はアットホームな雰囲気のビジネスホテルで、駅から近く、朝食付きプランと素泊まりプランが用意され、客室には和室と洋室があります。

ホテル三光は、館内2階にある大浴場で温泉やサウナが無料で利用でき、更には浅草大衆演劇も無料で楽しめます。
シルバースティプランやペアシングルプランなどのお得なプランが設定されており、インターネットが使い放題となっています。

そして、えすぽわーる伊佐沼は美しい景観を眺めながらトゴール湯で疲れが癒せる自然豊かな湖畔の宿です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ