尾道のユニークなサイクリストホテル

広島県の尾道は岡山市と広島市のほぼ中間地点に位置し、風光明媚な瀬戸内海に面する人口14万人に満たない都市です。
しまなみ海道の開通により対岸の今治市と陸路で結ばれ、建設中の中国横断自動車道が開通すれば更に利便性も高くなり、物流の拠点としても注目されています。
山の斜面に住宅や寺院が密集し、狭い路地と坂道の独特な景観、至る所で目にする猫の姿が印象的な街です。

又、文学の街、映画の街と言われるように、尾道を舞台にした小説や映画も沢山残されています。
市内には十数軒の宿が建ち並びますが、しまなみ海道を訪れる自転車愛好家たちの要望を満たすホテルが尾道にはあります。

それは、全国でも初のサイクリスト向け複合施設、オノミチユーツーの中にあるHOTEL CYCLEです。

広島県の海運倉庫を改修した約2,000平方メートルの空間に、ホテルを中心にレストラン、バー、カフェ、イベントスペースなどを確保した新たな街の魅力が加わっています。

客室に愛車を持ち込めますし、チェックインも自転車に乗ったままというユニークなもので、サイクリスト以外のビジネスや観光にも利用可能です。

JRの駅から徒歩5分の距離に位置し、シモンズ社製のベッドで安らげる全28室の客室はスタンダードとデラックスのツインで、館内は落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

朝食付のシンプルステイプランは9,800円からで、素泊まりは8,500円からとなっています。
ホテルではサイクルのレンタルは行っていませんが、施設内のショップでならレンタル可能です。

この地に泊まり、自転車でしまなみサイクルロードを爽やかな海風を感じながら走れば気分も最高ではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ