魅力が一杯の今治のホテルについて

愛媛県内で人口の多さが第2位である今治市は、その規模からも、また知名度からも四国を代表する市の一つに数えられます。
瀬戸内海独特の風景を楽しみながら、大島から四国へと架かる世界初の3連吊り橋の来島海峡大橋をのんびり自転車で渡るのは爽快で、宿で過ごす時間も併せて今治の旅をゆっくり楽しむ事をお勧めします。
2011年に新館をオープンさせたばかりの今治国際ホテルは、本館と併せると客室が355室にも上り、四国最大級の収容人数を誇っています。

部屋は広々としていてワイドなベッドでゆったりとくつろぐ事ができますし、ファミリーには嬉しい和室も用意されています。
シティホテルには珍しい大浴場も完備されており、天然温泉の露天風呂が楽しめます。

プロヴァンス風の佇まいが異国情緒を漂わすケーオーホテルは客室全20室のプチリゾートで、部屋毎にイメージが異なるデザインが施されどれも開放感に溢れていますが、特にプレミアムルームは温泉内風呂が付いた贅沢な造りとなっています。

朝食では、目の前で絞られるフレッシュジュースや自社製ロースハム等、こだわりの品々を頂けます。

源泉の宿鈍川温泉ホテルは、この温泉郷では唯一の自家源泉を持っている宿で美人の湯として有名で、大浴場も露天風呂も渓谷を眺めながらお湯が楽しめ、食事は鈍川名物いのぶた鍋がお勧めです。

今治城やタオル美術館ICHIHIRO等の市内観光や海浜公園等で楽しんだ後は、こうした素敵な宿でくつろぎの時間を過ごしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ