大型テーマパークにもアクセスの良い八丁堀のホテル

東京中央区の八丁堀は、江戸時代から戦後にかけて存在した水路がその名の由来です。
現在はJRの京葉線、東京メトロ日比谷線の駅が作られ、商店や出版社などのオフィス街と、交通の便が良いことからマンションが建ち並ぶ住宅地としての両面を持っています。
また、大型テーマパークのある駅まで快速で2駅、東京駅や銀座にも近い距離にあることから、ビジネスだけでなくレジャーにも最適なホテルが建ち並びます。

例えば、亀島川温泉新川の湯ドーミーインは、その名の通り都会にありながら天然温泉の大浴場と露天風呂、サウナが完備されており、ゆったりと汗を流せるホテルです。

思いっきり汗をかいた後もここで綺麗にすれば、心地良い眠りに就けることでしょう。

東京駅からの送迎バスも運行されており、滞在時間を有効に使えて非常に便利ですし、セミダブルがメインの全149室の客室では、全ての部屋でWi-Fiが使えます。

さらに、駅から徒歩1分の法華インも、同じく都会には珍しい男女大浴場を完備した宿泊施設で、国内にグループを展開し、会員になると会員専用プランでお得に泊まれるだけでなくポイントも貯まります。

他に、アパホテルグループも八丁堀に進出しており、駅出口から徒歩3分と近い距離にあります。

全室Wi-Fi接続無料でスマートフォンやタブレットも快適に繋がり、仕事は勿論レジャー情報の検索にも便利ですし、21日前の予約なら早割り特典が利きますし、曜日によっては2人宿泊が5,000円で泊まれるお得なカップルプランもあるなど、リーズナブルな価格が魅力的です。

八丁堀のホテルは仕事や遊びに便利なので、是非利用してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ