大正2年創業の草津ホテルは、6つの魅力で客の期待を裏切らない大満足の宿です

「草津よいとこ一度はおいで」で知られる草津温泉は、日本三名泉の一つに数えられています。
豊富な湯量は日本一を誇り、1日に何とドラム缶にすると23万本もの温泉が湧きだし、旅館や温泉施設は源泉掛け流しが自慢です。
訪れる観光客の感想も、泉質が良い、湯治場として有名、湯もみが名物との声が聞かれます。

加えて、湯けむりを上げる湯畑を中心に宿屋、店舗、その他の施設が集中しているので、動くのにも都合が良いとの意見もあります。
大正2年創業の草津ホテルは湯畑から歩いて6分で、西の河原入口に大正の趣を残す歴史ある佇まいの木造3階建の老舗です。

この草津ホテルの魅力は6つあり、まずは何と言っても西の河原から引き湯した源泉かけ流しの温泉で、大浴場、中浴場、露天風呂、家族風呂と、柔らかな感触の温泉を楽しめます。

2つ目は、120点の作品を常時展示している片岡鶴太郎美術館が隣接しており、温泉と一緒に芸術も楽しめることで、ホテルの館内にも玄関、客室へ続く廊下の至る所に作品が飾られていて心がなごみます。

3つ目は、温泉街の中に位置し門を出てぶらぶらそぞろ歩きをしながら昔ながらの風情を味わえることで、4つ目は庭園に面した足湯です。
ジュウカラやヤマガラなどの野鳥のさえずりを聞きながら、読書したりお茶を飲んだりと、ゆっくりした時間に浸れます。

同じく庭に面したカフェテラスが5つ目の魅力で、セルフのコーヒーマシンで挽きたての美味しいコーヒーが味わえます。
そして最後は、四季の花々や野鳥が集う広大な庭園と重厚な建物です。

この草津ホテルの魅力を裏付けるように、利用者の口コミでは「期待を裏切らない」、「大満足」、「食事も美味しい」との声が寄せられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ