駅前好立地にある大井町のホテル

東京品川区にある大井町駅はJR、東急、東京臨海高速鉄道が乗り入れ、1日の乗車人数も多く、通勤通学やビジネス関係の乗客で混雑しやすい地域です。
2002年に臨海線が開業してからは、お台場といった臨海副都心や大型テーマパークに向かう利用客が増加しました。
大井町駅前という好立地に建つアワーズイン阪急は、JR利用で東京駅まで15分、りんかい線で東京ビッグサイトまで10分と出張などにも便利なホテルです。

1,100室のシングルルームのシングル館に加え、2014年3月にツインルームのみ全288室のツイン館がオープンしました。
シングルルームは4つのカラーバリエーションがあり、広さは12.5平方メートルでシモンズ社製のゆったりしたベッドが心地良い眠りに誘います。

料金は5,700円で、全室禁煙のレディース専用のフロアが20、21、22階に設けられており、エレベーターも女性専用があるので移動中においても安心です。

27階から29階の高層ルームからは富士山やレインボーブリッジ、羽田空港など部屋によって様々な景色が楽しめます。

そして、ツインルーム東向きの海側には元気が出るビタミンカラーのファインオレンジ、西向きの山側はシティグリーンの落ち着いた雰囲気のカラーに統一されています。

さらに、都会のビジネスホテルには珍しい人工温泉、サウナ、露天風呂、岩盤浴などの温浴施設も充実した宿となっています。

他に、駅中央西口から徒歩2分の距離には都市型のビジネスホテルヴィアイン東京大井町、チェーングループの東横インがあり、ルートインは中央出口から徒歩5分ほどで、大井町には駅前好立地のホテルが複数存在しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ