立川にあるチェーン展開するビジネスホテル

かつての基地の町立川市は、JRの3路線が乗り入れているほか多摩都市モノレールが走り、近未来都市の様相を呈しています。
駅前を中心にホテルや商業施設、オフィスが集積し、朝夕は通勤通学客で混雑を見せています。
昭和記念公園、南極・北極科学館、立川公園など自然を活かした憩いの場が多く、遊具など子供向けのアクティビティも充実していて家族で楽しめます。

また、官公庁の出先機関や医療機関、研究・研修センターなどが揃い、ビジネスで訪れる人達に向けてチェーン展開しているビジネスホテルが駅前を中心に建っています。

東横インは北口から徒歩5分で、明るい笑顔ときれいな客室、あったかい朝食を用意して客を迎えています。

仕事が長引いて帰宅が困難な場合も、ミッドナイトプランのある東横インならシングル4,800円の特別料金で宿泊が可能で、全室Wi-Fi接続が利用出来、朝食は無料です。

国内に105店舗を展開するスーパーホテルも北口より徒歩5分圏内で、人工炭酸泉の大浴場「うたたねの湯」で身も心も温まり、仕事の疲れを癒せます。

朝食はバイキング形式で、特に有機JAS野菜のサラダと惣菜メニューが好評です。

ワンランク上のビジネスホテルの位置づけの立川ワシントンホテルは、JRの駅から徒歩2分、モノレールの駅からは1分の好位置にあり、シングルルームは16.5平方mとゆとりある室内にシモンズ社製の140cm幅のワイドベッドが置かれ、疲れた体を休めて明日への鋭気を養えます。

和洋食の朝食ブッフェが付いたビジネスに最適なプランは6,920円からとなっています。
立川にあるビジネスホテルは、仕事にレジャーに幅広く利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ