ヨーロッパを旅行するなら連泊するのが良い

パッケージツアーで行く多くのヨーロッパ旅行は、「8日間で10都市周遊」ですとか「10日間で8カ国14都市を巡る旅」など、できるだけ多くの国やメジャーな都市を周るようにできています。

ヨーロッパに初めて旅行する場合、このようなキャッチコピーのように、できるだけ多く有名所の都市を巡ってみたいと考えるのはごく普通のことです。

しかし、旅程表を良く見れば分かることですが、このようなパッケージツアーは、1つの都市で連泊することがほとんどありません。
チェックアウト・観光・移動・観光・チェックインの繰り返しの毎日になります。

また、比較的小さい国が集まっているとはいえ、各都市の移動にはそれなりの時間がかかります。
また、毎日毎日、スーツケースのパッキングをしなければならないと思うと、せっかくの旅も疲れるだけのものになってしまいます。

長い歴史によって築き上げられた独特の文化をもつ各国に、遠い極東の国からやってきたのですから、もう少しゆっくりと旅行したいものです。
ですので、1つの都市に2連泊か3連泊するようなパッケージツアーをお勧めします。
このようなツアーでは、都市の移動の間に1日か2日の余裕ができます。

到着日は移動で疲れた体を癒しつつ、翌日の観光計画をホテルでのんびりと立てる、そしてのんびりと観光したあとは、早めの就寝で翌日の移動に備える、そんな旅こそがヨーロッパの伝統と文化を肌で感じることのできる旅です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ