アジアで一番小さな国モルディブへの旅行

インド洋にあるモルディブは、26の環礁と1000を超える小さな島からなり、約200の島に人が居住している、アジアで最も小さな国です。
美しい海とビーチは楽園リゾートの雰囲気たっぷりで、南国気分を満喫できる国です。
気候は一年中温暖で、モンスーン気候に属しますが、ほかのモンスーン気候地域と比較しても雨があまり降らない環境です。

海辺のリゾートを楽しむうえで、ビーチで水着やビキニ姿になるのは問題ないのですが、町中で露出の多い服装や水着で歩くのは避けましょう。
宗教的な習慣と伝統を理解して、マナーを守るように心がけることが大事です。

すべてのレストランでではありませんが、一部では男性女性の区別は関係なく、足を見せる服装は制限している場所がありますので、注意が必要です。
人口が密集している首都は、博物館やモスクなど、見物をする場所があります。
ビーチでの行楽はもちろんのこと、たくさんある島が織り成す風景を楽しんだり、島を巡るツアーや散策をすることができます。

イルカの群れに遭遇することもあるという、サンセットクルーズはお勧めで、美しい海に夕陽が落ちる感動的な景色を鑑賞することが可能で、青い大海原と美しい珊瑚礁が広がるモルディブは、

人気のダイビングスポットとして知られており、保護されている地域に潜ることができます。
ダイビングができなくても、海が透明で綺麗なため、シュノーケリングで海中散策を楽しめ、誰もが一度は訪れてみたい国と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ