モナコ公国への旅行で知っておくといいこと

首都がそのまま国土となっている、世界で2番目に小さな国であるモナコ公国は、地中海に面した人口密度の高い国です。
モータースポーツのグランプリが開催される地として有名で、街の市街地をコースとして疾走するため、コース幅が非常に狭く、サーキット場で行われるレースとは違うおもむきがあり、迫力満点で人気があるレースとなっています。
レースは5月に行われるのが通例で、この名物レースを観戦しに約20万人もの観光客が訪れるほどです。

カジノが楽しめる地としても有名で、入場するには身分証明のためにパスポートが必要です。
18歳未満は立ち入り禁止、ドレスコードがあるカジノがあります。
営業時間は各カジノで違いがありますので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

レストランやバー、ディスコ、コンサートホールが併設されているカジノや、有名な建築家が設計をし、ステンドグラスや彫刻が装飾されているゲームルームがある高級なカジノなどがありますので、行きたいカジノを調べておくと良いです。

そのほか、見所がたくさんあり、8世紀におよぶ伝統を体現している宮殿や、歴代君主が眠る大聖堂、歴史博物館、水族館などがあります。

気品がある美貌で人気を博した女優が、王族と結婚をしたため、モナコ公妃となったのは有名ですが、日本の華道を好み、日本人の設計による本格的な日本庭園を造らせたほどです。
旅行に行くなら、公妃が愛した日本庭園と、公妃を偲んで公妃の像が立ってられた造園されたバラ園を訪れてみましょう。

小さな国ながら、観光場所に困ることはなく、人気の高い国です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ