歴史深い古都を楽しむポーランド旅行

ポーランドの首都ワルシャワは、バロック調やゴシック様式の建造物が並ぶ古都で、世界遺産にも登録された町並みを楽しむことができます。
ワルシャワのシンボルとなっている人魚像は、漁師夫妻が網にかかった人魚を助けたことで裕福になったという伝説がモチーフになっており、旧市街地の広場に立っています。

人魚はワルシャワ市の紋章にもなっているため、街中のあちこちで銅像やステンドグラスになっています。
ワルシャワの前に首都だったクラクフには、歴代の王が住んでいた王宮があり、博物館や美術館が集まっている文化と娯楽が豊富な街です。

有形無形文化財がたくさんあり、ポーランドを代表する偉人が眠る墓所などもあります。
また、ポーランドは自然豊かな国でもあり、平野部には生物圏保護区に認定されている原生林や常緑樹林、湿地帯が広がり、さまざまな色彩に富んだ湖水地帯は、カヤック愛好家に人気のスポットとなっています。

異文化の影響が色濃いため、食文化は独特に発展し、リトアニア料理が楽しめたり、プロイセン料理が起源とされているバームクーヘン、カッテージチーズと蕎麦の実を挟んで餃子のように焼いた古代ポーランド料理であるピエロギなどが楽しめます。

チーズや燻製のソーセージが名物の地方もあります。
お酒はウォッカが有名で、果実を漬け込んだフレーバーウォッカが大変人気です。
古都が広がる都市部と豊かな自然が広がる地域、趣の違った風景を楽しめるのがポーランドへの旅行です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ