直行便就航でヘルシンキへの旅行が手軽に

北欧の国フィンランドの首都ヘルシンキは、かつてはオリンピックの開催地にもなった大都市です。
しかし、日本から飛行機で行くにはヨーロッパの主要空港を経由して乗り継いで行かなければなりませんでした。

乗り継ぎに慣れていない人にとってはとても不便で、旅行として訪れるにはやや遠い国となっていました。
現在では、国内航空会社がヘルシンキへの直行便を新たに就航することになったので、今後フィンランドへ訪れることが手軽になります。

フィンランドといえば日本でもアニメ化された有名な童話の舞台にもなった国です。
また、雁などの渡り鳥が訪れる場所でもあり、北欧の自然を肌で感じ取ることのできる土地でもあります。
何より、北欧ならではの白夜やオーロラをこの目で見られるという魅力があります。

ほかにも、かつては諸外国との戦争を経験しているだけに、海岸周辺の要塞や城を見ることができます。
渡航の際は、緯度が高い地域のために防寒対策はきちんととっておくことが大切です。
また、北欧諸国は文化的に福祉政策に力を入れているので、その財源を税金からまかなっています。

ちょっとした買い物でも税金がかかりますので、日本との感覚の違いに注意が必要です。
今までマイナーな位置づけにあったフィンランドへの旅行も、直行便の就航でより身近になりました。
ヨーロッパ方面の旅行として新たな体験をしてみたい人には検討の価値があります。
北欧の伝統文化、さらにはグルメなど現地でしか味わえない経験をしてみるには良い機会です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ