自然と都市が共存するベネズエラへの旅行

雄大な自然と現代的な建物、ふたつの楽しみ方ができるのがベネズエラです。
ビーチや草原、美しい島々など、自然豊かな場所がある一方で、その首都にはショッピングモールやレストラン、有名なホテルチェーンが並んでいます。

5月から10月までが雨季となり、地域によって降水量が違ってきます。
乾季は11月から4月で、暑くて乾燥はしていますが、南米への旅行では乾季がベストシーズンです。
都会を楽しむのであれば、まずは大聖堂や美術館がある首都へ行ってみましょう。

世界一長いケーブルカーがある都市で景観を楽しんだり、800種類以上もある世界一フレーバーが多いアイスクリーム店(Heladeria coromoto)に行くのもお勧めです。
いつも800種類以上のフレーバーが揃っているのではありませんが、約100種類は店頭に並んでおり、ヘルシーな野菜のアイスや珍しい焼き豚の皮のアイス、ほかにもよくわからない不思議なフレーバーなどもあって、どのアイスを食べるのか選ぶだけで楽しくなります。

都会を楽しんだあとは、自然です。
島を巡るツアーや洞窟を探検するツアーなどに参加して、豊かな自然を満喫しましょう。
国立公園では、川を下るボートトリップや、渓谷や動植物を鑑賞するトレッキングなどを体験することができます。

また、ベネズエラ料理を積極的に味わってみるのもお勧めです。
ココナッツやスパイスで味付けされた牛肉や鶏肉の料理や、干しぶどうとトマトが入っているチキンライス、とうもろこしの粉を練って作られたパンなど、日本では味わえない地元の味を楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ