歴史が感じられる旅行先ウクライナについて

ウクライナはヨーロッパにある国です。
首都キエフをはじめ、リヴィウ、オデッサなどの都市があり、観光名所が沢山あります。

初めてこの国を旅行する人は、キエフの古い教会など素晴らしい建築物に魅了されることでしょう。
世界遺産に登録されている11世紀に建てられた有名なキエフ最古の教会は、外観は17世紀に改装されましたが、内装は11世紀のものがそのまま残されています。

装飾や建築はとても芸術的で素晴らしく、伝統的なモザイク画やフレスコ画も見ることが出来ます。
もう一つの世界遺産である大修道院は洞窟大修道院で、かつて修道士がこの洞窟で修行生活を始めたと言われているものです。

地下には墓地があり、修道士や遺品が安置されていて見学することが出来ます。
そして、街全体が博物館のようなリヴィウにも見所が沢山あります。
ここは上流階級者や裕福な商人が多く住むとともに、政治や経済の中心となっていました。

リノック広場は中心地にある市民の憩いの場で、ゴシック調やバロック調、ルネッサンス調、ロココ調の建築が埋め尽くしていて、歴史を感じることが出来ます。
また、リヴィウを訪れた際にはオペラ観劇がお勧めです。

劇場がいくつかあり一年中開演されています。
自然も豊富で、ウクライナ最大の国立公園ではヨーロッパの美しい山々を眺めたり、野生動物にも出会えるかもしれません。
トレッキングコースもありますので、自然に触れアウトドアを楽しむこともできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ