冬は夜空を彩るオーロラが満喫できるアラスカ旅行

かなり遠方なイメージがありますが、アラスカは日本から一番近いアメリカ大陸です。
直行便だと7時間ほどで到着できますが、季節限定便であることが多く、ほとんどはシアトルなどで乗り換えてのフライトになります。

夏は氷河観光が楽しめ、水上飛行機に乗って行く秘境といっても過言ではない国立公園や北極圏へ行くツアーなどに参加できます。
ラッコやアザラシ、べアーウォッチングなど、野生生物を鑑賞できるツアーが豊富です。

アラスカといえばサーモンが有名ですので、フィッシングに出掛けて釣ることもできます。
8月の終わりには秋がやってきて、ツンドラ地帯に広がる紅葉を楽しめます。
その他にも、ラフティングや乗馬、マウンテンバイクで雄大な景色を楽しんだりとアクティビティが大変豊富です。

冬は夜空を彩るオーロラを鑑賞することができ、樹氷やキラキラ光るダイヤモンド・ダスト現象を見ることもできます。
オーロラを鑑賞するには、郊外のロッジに滞在して腰を落ち着けながらオーロラの出現を待つのと、町明かりが気にならないのであれば都市部でのオーロラ観測も可能です。

都市部に滞在して、いろいろなツアーに参加するのも良いですが、郊外のロッジに滞在して犬ぞりやスノーモービル、アイスフィッシングなど自然を満喫することもできます。
露天風呂が完備されているロッジもありますし、何より照明の明かりがない自然の中で鑑賞するオーロラは、旅行の醍醐味といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ