アメリカ旅行のビザを発給するには

海外旅行に行く際に、その国によって入国時に必要な事柄は異なっています。
アメリカの場合は、観光や商用での90日以内の滞在の際には、基本的にビザは不要です。
ただし、パスポートが機械読み取り式ではない場合には必要となりますので注意しましょう。
またアメリカの場合、短期間の渡航であっても電子渡航認証の事前取得と言うものが義務付けられています。

方法として、渡航の72時間前までに専用のウェブサイトにアクセスして申請を行うというものです。
そして、アメリカ一周やへ親戚を尋ねる為などの長期間の滞在を行う場合には、当然ながらビザが必要となってきます。

申請の方法は、公的な身分証明書を含めた必要書類を用意し、それを大使館または領事館に郵送する形となります。
有料ではありますが、取得代行サービスを行っている場所が旅行代理店をはじめ数多く存在しますので、そちらを活用するのも良いでしょう。

大使館や領事館へ書類を郵送した後すぐに発給されるわけではなく、滞在するにあたりいろいろな審査が始まります。
しかし、渡航の目的など、基本的にそれが旅行であっても目的がちゃんとしていればほぼ問題なく審査は通るものです。

発給された後に注意しなければならない事は、有効期間と滞在期間は双方との領事の判断にて行われるものですが、それらは必ずしも同じとは限りません。
うっかりして有効期間と滞在期間を見間違えない様、しっかりと確認しておくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ