面積が日本の80倍ほどもある、広大なアフリカを旅行する

アフリカの面積は日本の80倍ほどもあり、53もの国と7億人以上の人口、1000もの言語が存在する、とても広大な大陸です。
そのため、アフリカへ旅行に行くという漠然とした考えではなく、まずどこへ旅行に行くかを考えなくてはなりません。

数カ国を周遊するにしろ、北部、東部、西部、南部に区分されている中で、各国の特徴や行きたい場所を検討してから決めると良いでしょう。
北部には世界最大の砂漠があり、東部には大陸最高峰の山とサバンナが、西部には独特な文化と砂浜が広がっていて、南部には世界三大瀑布のひとつである滝と港町があります。

どこへ行くにしても雨季を避けるのは大事ですので、国情報を確認しておくことをお勧めします。
野生生物を間近で鑑賞できるサファリなどのアフリカ旅行をイメージしているなら、東部の国を選択すると良いでしょう。

広大な国立公園が多くあり、各場所で出合うことができる動物や風景に違いがありますので、希望にかなったサファリツアーになるよう、いろいろなツアーの内容を調べてみることです。
サファリツアーにも様々な形態があり、多くは四駆自動車に乗って移動をしますが、徒歩やボート、カヌーや気球での移動など、バラエティーに富んでいます。

そして、サファリツアーにはいくつかのマナーがあり、大声を上げたり、餌をやったり、カメラのフラッシュをなるべく使用しないなど、節度を守った行動を心がけましょう。
また、国立公園や自然保護区内のロッジやキャンプは、ホテル並みの設備と清潔さがありますので、安心して宿泊できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ