韓国旅行へ行く際の注意点は、日本とは習慣の違う面があることです。

韓国は日本から非常に近い国でありながら、日本では楽しむことのできないカジノや射撃を行うことができます。
文化的にも言語的にも良く似た点があるものの、日本とは習慣の違う面もありますので旅行の際には注意が必要です。

よく知られているのが、食事の時に食器を持ち上げないということでしょう。
日本ではご飯を食べる際に茶碗などを口元まで持っていきますが、韓国ではテーブルに置いたまま食べるのがマナーです。

これは露店などでもそうで、トッポギなどを食べる場合にも、皆、器は屋台の台に置いたまま食べています。
屋台は普通立ったままで、器に盛った食べ物が台に出されるので、それを持ち上げずに食べるのです。
また、注意することは他にもあります。

ソウルよりはプサンの方が観光地の色合いが強く、観光客に日本語で話しかけてくるお店の人が多いのですが、韓国人と同じ物を食べても、日本人には高い値段で売ろうとしてくることがあります。
元からそういうつもりなのか、値切ろうとする日本人が多いためなのかはわかりませんが、下手な韓国語でも恥ずかしがらずに現地の言葉で話した方が良い対応をしてくれる可能性もあるようです。

そして、韓国旅行では二輪車にも注意が必要です。
ソウルやプサンでは歩道を猛スピードでオートバイが走っています。
オートバイはもちろん車道も走っているのですが、普通に歩道に入ってきて歩いている横をすり抜けていくので、異国の地で交通事故に遭わないように気を付けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ