ハンガリーの旅行では、世界遺産に登録された土地やフェルテー湖が見られます

中部ヨーロッパに位置するハンガリーは、世界で最も美しい首都のひとつと言われる都市がある国です。
伝統的な都市だけに世界遺産にも登録され、数多くの美術館や博物館が首都に集まっています。
また、温泉が豊富な国で、数百もの場所から温泉が湧き出ており、様々な症状に効くと評判です。

北部には、ヨーロッパ最大の鍾乳洞を有するアッグテレク鍾乳洞や、世界遺産に登録されているホルトバージ国立公園があり、洞窟内を探検するツアーが組まれています。

その他、古典様式の聖イシュトバーン大聖堂や、中世に建造されたチェスネク城、ワインの名産地トカイなどがあります。
「ハンガリーの海」と呼ばれている、国内で一番大きなバトラン湖は、湖岸のリゾートとして人気が高い場所です。

ここは療養温泉や水浴場があり、鉱泉水は糖尿病や消化器疾患に効果がある飲用療法水として利用され、飲用鉱泉館で試飲することができます。

洞窟をボートで探検したり、宮殿や博物館、温泉湖での療養治療などを体験することもでき、美しい景観を散策しながら楽しんだりと、見所の多いリゾート地です。

更に国内で2番目に大きいティサ湖は、ヨーロッパ内の湖の中で唯一、モーターボートやジェットスキーなどの、アクティビティが楽しめる場所でもあります。

自然保護区にもなっており、野生生物の観察ツアーに参加することができます。
かつての王都だった都市エステルゴムは、博物館となっているエステルゴム城や、世界的な音楽家のゆかりの地でもある記念博物館が建てられており、野外劇場ではコンサートが開かれます。

ハンガリーへ行ったら、この地域の料理、例えば香辛料用の赤いパプリカを使用したパプリカチキンやロールキャベツなどを、美味しいワインやビールと共に楽しむこともお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ