自然の美しさを体験するバハマ旅行

大西洋上に位置するバハマは、700もの島からなる国で、その中の内12島に人が住んでいます。
5月から11月が雨季で、12月から4月が乾季となります。
雨季は高温多湿で、ハリケーンがやってきますので、旅行はベストシーズンの乾季がお勧めです。

首都ナッソーは人口が集中していることから、商業の中心となっています。
この町で行われるカヌーフェスティバルは、非常に盛り上がるイベントです。

その他の島もそれぞれ特色があり、国際的なゴルフコースを有する島では、南国の雰囲気溢れる開放的な空間でプレイができます。

美しいビーチや手付かずの自然を楽しめる島々を巡ったり、セイリングやシュノーケリングなどのマリンスポーツを体験したり、古式の水中装着で、海底を散歩するツアーに参加可能です。

シュノーケリングでのダイビングが無理でも、保護用ヘルメットを装着して海に潜るため、目や口に海水が入らないので安心です。

発展している島では、ホテルやレストラン、カフェ、宿泊や休憩できる場所がありますが、美しいビーチと景観が広がるのみの島にも行けて、静かな楽園でゆったり過ごせます。

熱帯植物が集められた植物園や、統治時代の砦跡を探検するツアーなども行われており、楽しみは多彩です。
また、別荘地が多く、富裕層がたくさんいるため、レストランやバーではドレスコードを求められる場合があります。
ビーチ以外の場所で、水着やビーチウェアのまま町を散策するなど、リゾート感覚のマナー違反には気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ