フィリピンへの旅行の際は十分なる注意を

常夏の国として知られるフィリピンは日本からもほど近く、時間的に制約される海外旅行地としては適しているとも言えます。
日本と比較すると物価も安く、ショッピングを楽しむことができます。
ご承知の通りフィリピンは貧富の差が激しく、マニラ等では路上で生活している多くの人が見受けられます。

道路を歩いていると、子供が手を差し出してお金をねだってくることもよくあります。
現地において日本人は誰しも金持ちであると見られており、高級腕時計やネックレス等を身に着けての歩行はとても危険です。

また、ズボンのお尻のポケットに財布を入れて歩いたり、片手にバッグを持って歩くのはもってのほかです。

タクシーを利用するにしても、運転手によってはメーターのスイッチを入れずに不正な料金を請求することもあり、多くのトラブルが報告されています。
ホテルにおいても注意を要します。

ある程度のホテルであれば部屋にナンバータイプ(番号式)のセーフティーボックスが設置されていますが、利用の際はすべての番号にタッチしておかないと暗証番号が知られ、ホテルの従業員により中の物を盗まれてしまうこともあります。

抗議したところで、盗まれたものはまず戻りません。
日本は世界において治安の良さはトップクラスであるが故に、そんな国で育った日本人は安全はあたりまえであると認識しがちです。

逆にフィリピンは世界的に治安が悪い部類に属しますので、渡比の際は十分に注意をしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ