南太平洋に浮かぶ楽園バヌアツへの旅行

南太平洋に浮かぶ83もの島からなるバヌアツは、熱帯雨林に覆われた島や手付かずの自然、美しい珊瑚礁が広がる楽園のような島です。
バンジージャンプ発祥の地があるペンテコスト島や、活火山から噴出する火山を見たり洞窟探検をするアドベンチャーツアー、ダイビングで沈没船を探索と、興味深いツアーが豊富に揃っています。

他にも、野生馬の群れが見られるタンナ島があり、伝統文化が溢れていて、先住民の村の人とご飯を食べるのも貴重な体験です。

南半球にあるため日本とは正反対の気候で、11月から3月までが夏季、6月から9月までが冬季となり、冬季は海水浴をするにはやや肌寒い気温です。

世界的にも有名な沈没船を探索できるダイビングスポットは、水深18メートルからのダイブなので、初心者でも安心して潜れる場所にあります。

透明度の高い海中では、洞窟や溶岩からなる海底トンネルやテーブル珊瑚礁、色とりどりの鮮やかな魚の群れが見られます。
旅行者はビーチリゾートの他に、湾沿いにレイアウトされたコースでプレーするゴルフや、ホテル内にあるカジノで運試しができます。

宿泊施設がない島は日帰りツアーが一般的ですが、ヨットで行くツアーは宿泊できることもあります。
鎮静作用がある伝統的な飲み物の『KAVA』を扱うバーは住宅地にたくさん存在し、地元の人々が毎晩飲用しています。

飲む時は途中で止めず一気に飲むのが礼儀で、後味が独特なお酒なので一度は試してみたいものです。
南の島バヌアツで、日常では出来ない体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ