東南アジアへの旅行は、手軽に本格的な海外気分を味わえ、カンボジアやバンコク、インドネシアのバリなどが人気

飛行機に長く乗ってぐったり疲れる、逆に近いと海外に行った感じがしないといった要望に応え、手軽に本格的な海外旅行気分をたっぷり味わえるのが東南アジアです。
日系航空会社もありますが、それぞれの国の航空会社が乗り入れているため、多種多様な航空会社から選べて比較的安い値段で行くことができます。

また、それぞれの国のお国柄や社風が、客室乗務員の制服や機内食にも現れていてとても面白いです。
客室乗務員はそれなりに日本語ができるのであまり不便なく言葉も通じ、その意味でも不安に思う必要はありません。

そうすると、あとはどこの国に行くのかということになりますが、東南アジアが気に入った人であればどこの国に行っても十分楽しめるでしょう。
お薦めなのはカンボジアで、世界的に有名なアンコールワットで歴史を味わうことです。

近代的なバンコクでは、いたるところに観光スポットがあり、格式の高い王室寺院のワットプラケオなど美しい寺院がたくさんあって、日本とはまったく違った仏教国の雰囲気が味わえます。また、ベトナムはかつての戦争の跡を、戦争証跡博物館の多くの写真の展示などから学べます。

そして、インドネシアのバリには、かつてのテロの跡もバリ島テロ追悼モニュメントとして整備されています。ライステラスは丘陵地帯で、たくさんのお米を採るための水耕栽培を眺めて楽しむ観光もあり、食事は安くておいしいナシゴレンやサテがお勧めです。
このような、東南アジアの旅行で手軽に本格的な海外旅行を味わってみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ